atriumのある暮らし

住宅街には緑を感じられるエリアに佇む、建坪23坪の漆喰仕上げの住宅。建物面積は少ないが、広く感じられるよう、建物中心部分を吹き抜けに。
両サイドに大型のフィックス窓を採用したことで1日中心地よい日差しが部屋に降りるよう設計しています。
また縦長の地形を利用し、縦の導線で設計をすることにより、視線の抜け感を出しより広く感じることができます。縦方向にフロアを長手に敷くことでより視覚的な効果も。
室内の壁は全て塗装仕上げ、床材は幅の広い無垢のウォールナット材を敷き床暖房にも対応しました。木造住宅特有の出済みの問題も細かく計算して設計し、納まりの良いスッキリした空間になりました。