光を楽しむ家

狭小角地の小さな土地に開放感の感じられるシンプルな建物を建築しました。
玄関から入った瞬間、ギャップのある開放感に驚きます。
決して広くはない個室でも収納スペースを縦に造作したり、ロフトスペースを採用するなどして空間を活用しています。
面積が限られる分、建材やキッチン・トイレなどの設備類に費用をかけることができるのでグレードが高く使い勝手の良い住空間に近づきます。
過ごす時間が長いリビングスペースを2階に持ってくることで、広く開放感があり、角地のでデメリットになり易い外部からの視線を気にしなくても良い間取りを採用しました。