GUIDE 家づくりガイド

デザインと性能のバランス、アフターケアの容易性など
より長く快適に愛着を持ってお住まいいただくための、さまざまな仕組みを取り込みました。

家づくりの流れ

ROKA architecture. はご提案から引き渡し後のアフターサポートまで対応いたします。
各分野のプロフェッショナルが全力でお客さまの家づくりをお手伝いいたします。

施工のこと

主に、「木造軸組工法(在来工法)」を採用しています。
雨や湿気の多い日本の風土にあった伝統的な工法です。デザインの自由度も比較的高いため、お客さまのご要望の実現にも適しています。


木造軸組工法

木造軸組工法(在来工法)は日本に伝わる伝統的な工法です。柱、梁と呼ばれる材料で組み上げていく事が基本となります。
基礎に土台をのせて柱を立て、梁などの水平な材を渡して骨組みをつくり、壁には筋交いという斜めの材を入れて補強するなど、木材の組み合わせで建物を支える構造です。

この工法の長所は、柱の位置や長さを自由に設定できるため、デザインや間取りの自由度が高いこと。
筋交いの入った壁以外なら、窓やドアなど開口部を自由に設けることもできます。

ひと昔前の木造軸組工法は大工の職人技が重視されていましたが、現在では精緻に機械加工された木材や、木材同士の接合に補強金物が採用されるようになっており、個人の技量による精度のばらつきはほとんど解消されています。

性能のこと

長くお住まいいただけるよう、あらゆる角度で性能を上げる取り組みを行っています。
標準採用のものから、中には任意でお選びいただけるものがございます。ご要望に合わせて対応いたします。


耐震最高等級3

耐震等級※1は「住宅性能評価」において「構造の安定に関すること」の分野で「構造躯体の倒壊等防止」と「構造躯体の損傷防止」の2軸において 評価・表示されており、ともに最高等級3を取得しています。
耐震最高等級の信頼性は各保険会社からも高く評価されており、地震保険の割引(図1)を受けることができます。

※1 耐震等級はプランや仕様により取得できるものですので、取得できない場合もございます。

構造躯体の倒壊等防止

地震に対する構造躯体の倒壊、崩壊等のしにくさを表示します。(等級3〜1)※2

構造躯体の損傷防止

地震に対する構造躯体の損傷(大規模な修復工事を要する程度の著しい損傷)の生じにくさを表示します。(等級3〜1)※2

※2 等級は1から3まであり、等級2は等級1で耐えられる地震力の1.25倍の力に対して倒壊や崩壊等しない程度を示しており、等級3では1.5倍の力に耐えることができます(図2)


長期優良住宅

長期にわたり良好な状態で使用するために、措置が講じられている住宅を指します。
取得には国土交通省の認定を受ける必要があります。そのためには一定以上の住宅性能を確保し、維持保全に関する計画が必要です。
この認定があることで、各種税制優遇や住宅ローンの金利引き下げ、住宅保険料の割引といった国の支援を受けることができます。
国が定めた認定があることで、安心はもちろんですが建物の評価証にもなります。


低炭素住宅

建物の断熱性能や、設備機器の利用でCO2排出削減の配慮をしたエコ住宅のことを言います。
低炭素住宅として認定されるには、断熱性を高めるなど建物の省エネ仕様に加え、太陽光発電などを導入し冷暖房などの一次エネルギーの消費量を、現行の省エネ基準を比較して10%以上低く抑えることが必要となります。
エネルギーの低減の他に、再生可能エネルギーを連携した蓄電池、緑化などによるヒートアイランド対策、住宅劣化対策、木造、
高炉セメントなどのうち、2つ以上の設備や対策を採用していることも条件になります。


ZEH ネット・ゼロ・エネルギーハウス

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)ゼッチとは、住宅の躯体・設備の省エネ性能を向上させ効率的な設備機器・太陽光発電などの
再生可能エネルギーを住宅にプラスすることで、戸建住宅が年間で消費するエネルギーの収支がほぼゼロになる住宅のことを言います。
今後国により、新築住宅・建築物に対して省エネ適合を義務付ける方針を提唱しています。
ZEH住宅の建築には、設備機器や住宅部材の性能を上げるため、費用が高くなりがちですが ROKA architecture.では協力会社や補助金を活用し、コスト面をカバーしてご提案いたします。


図1 耐震等級割引
(構造躯体倒壊等防止)
耐震等級3
▲50%
耐震等級2
▲30%
耐震等級1
▲10%
保険始期(2014年7月1日以降)
図2 耐震等級(倒壊防止)目安
1.5倍
等級3
基準値をクリアしている「等級3」 災害時の活動拠点レベル(特定の消防署・病院)
1.25倍
等級2
災害時の避難所レベル(公民館・体育館)
基準強度1
等級1
新耐震設計基準(現行建築基準法)での住宅
  • ※1 建築基準法で求められている基準強度(数百年に一度発生する地震にも倒壊しない)
  • ※2 消防署・病院のうち、災害時に拠点として機能すべき施設は「官庁施設の総合耐震の構造体の大地震に対する耐震安全性」において、最高ランクのⅠ類に該当。