COLUMN 家づくりコラム

間取りで変わる快適さ~方角編~

物件を検討する際に、ご予算はもちろんのこと設備、立地、利便性、周辺環境などの条件を考慮しなければいけません。

その中でも重要な項目が部屋の方角です。

方角は快適さにおいて非常に重要になってきます。

例えば、東向きのお部屋は昼以降に日差しが入りにくくなりますが、日中家にいない方などは朝日が入る東向きの部屋は清々しい朝を迎えられメリットになります。

このように生活リズムに合わせてお部屋の向きを決めると良いでしょう。

 

・東向き・

メリット→午前中の日当たりが良い。朝日が入るので冬の朝は比較的暖かい。

デメリット→午後からは日差しが入りにくい。

 

・西向き・

メリット→午後の日当たりが良い。午後から洗濯物を干しても乾きやすい。

デメリット→朝日が差し込まない。夏は西日が入って暑くなりやすい。

 

・北向き・

メリット→夏は比較的涼しく過ごせる。フローリングや家具のが日焼けしにくい。

デメリット→日差しが入りにくく、湿気でカビが発生しやすい。

 

・南向き・

メリット→日照時間が長く、洗濯物が乾きやすい。冬でも比較的暖かい。

デメリット→フローリングや家具が日焼けしやすい。

 

一般的に南向きのお部屋が良いとされていますが、それぞれの方角にも魅力があることがわかりました。

方角選びに大きく関わるのが、お部屋の過ごす時間や過ごし方をベースに考えて選ぶとより快適な生活が実現します。

各方角のメリット、デメリットから優先順位を決めて改めてお部屋の向きを検討してみてはいかがでしょうか。